大阪難病相談支援センターとは

大阪難病相談支援センターは、難病患者の皆さまの療養生活に関する様々な問題について、難病患者及びその家族、その他の関係者の方々からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言等を行い、難病患者の皆さまの療養生活の質の維持向上を支援することを目的とするセンターです。大阪府では2004年4月、運営委託されたNPO法人大阪難病連により「大阪難病相談支援センター」事業が始められています。
具体的には、難病患者の療養生活に関する相談や、難病患者就職サポーターによる就労相談を行っています。(但し、病気の治療に関する相談は受け付けていません。)また、学習講演会と難病医療相談会、難病問題学習会、体験学習会、ボランティア学習会、府民のつどい、難病啓発街頭キャンペーン、疾患別学習会などを行っています。
2021年4月1日より大阪赤十字会館から大阪府こころの健康総合センター3階に拡充移転しました。

相談実績(件数)〔2021年度〕

相談内容 電話相談 面接相談 合計
申請 152 155
医療 163 18 181
福祉 84 91
生活 71 11 82
就労 82 27 109
就学
患者会 44
47
その他 149 16 165
合計 747 86 833

※相談内容は重複しています。

2021年度 事業一覧

◎2021年度事業一覧

  ・2021年度 事業一覧